News

【ケアンズ聖地巡礼】

去年に引き続きケアンズに巡礼に参りました。

早朝5時台に到着しアレンジしていたレンタカーをピックアップ。

昇る朝日に包まれながらそのまま、パームコーブへと出発。

巡礼の旅は特に何かを計画するのではなく、ピンと来た地名、

場所を頼りに、あとは宇宙が導くままに動いていきます。

IMG_3537[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

北上していくと、美しい海岸線が姿を現す。

オアフ島にも似たエネルギーを感じますが、あんなに人が大勢いた空港とは

打って変わって、あの人達はどこに行ったんだろう?というほど、

ほとんど人には会いません。早朝なのもありますし、たいがい宿泊先に直行される方も

多いからでしょうが、エネルギーの美しい、ほとんど人のいないビーチで車を停め

まずはお持ちしたユニバーサルジャーニーブレスレットを

たっぷりと朝日で充電。そして遠隔ヒーリングを

始めました。

IMG_3552[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3542[1]IMG_3550[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに北上して、ポートダグラスへと移動。

フォーマイルビーチと言われる場所を見下ろす素晴らしい気が流れる場所で

再び遠隔エネルギーワークをさせて頂きました。まずは海からのエネルギーを

ブレスレットとご依頼の皆様に送らせていただいたのでした。

IMG_3565[1]

 

IMG_3645[1]

 

 

 

 

 

 

 

夜は早速スターピープルブレスレットの遠隔ヒーリングおよび、充電ワークを

行いました。宿泊先は民泊を選びました。

あまり迷うこともなく、お宅の写真のブッタの銅像にビビッと来て

ご連絡するとスピリチャルなドイツ人ご夫妻のお宅。

事前には本当に丁寧なやり取りをしてくださり、到着するまでには

キッチンにフルーツ、シリアル、こちらからリクエストした豆乳やパン、

バターやお水、ジュース、調味料もろもろ、そしてオーストラリアの日本米(Sushi Rice)

を朝食セットとして用意しておいてくれました。

キッチンも清潔に、綺麗に整頓されていて、ホストの奥様は

物静かで、柔らかく、素敵な魅力の女性で、到着するとサンダルウッドの

お香でお迎えしてくれました。

「プレアデス人だ・・」とすぐに感じました。真っ直ぐに見つめてくれる瞳を見ていると

何とも言えない懐かしさと、安心感を感じたのは

縁深いプレアデスの仲間に会えた喜びからでした。シャイな旦那様も宇宙人^^。

エササニとプレアデスに縁の深い方でした。

ケアンズが大好きになり、10年前に移住されたそうです。呼吸をとても大切にされていて、

そんな話を始めるとすぐに心通じあい、

インナーチャイルドのことなども、もちろんとてもよく理解されていて、

お二人とも、そんなインナーチャイルドを満たす生活を毎日自然にされている

ようでした。

このお宅のお庭は南を向いていたので、南十字星が毎晩目の前に見えました。

郊外だったこともあり、夜は明かりが少なく、天の川まではっきり見える

満天の星空!さらに、流れ星がいくつも夜空を舞って、まさにパラダイス

なロケーションでした。そのエネルギーをご縁の皆様にふんだんに

お届けしながら、ブレスレットも毎晩充電させて頂きました。

(こちらの充電ワークには、ユニバーサルジャーニーブレスレットの方のブレスレットも

参加しています。)

お庭は丁寧に手入れされており、大きなヤシの木や

南国の草花が蝶々やカラフルな鳥たちを毎日招待して、

お庭のハンモックでそんな様子を眺めたり、ガーデンで朝食を楽しんだり、

夜空を楽しんだりできるようになっているのです。

IMG_3655[1]

IMG_3748[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

次の日は、ホストのマリオンさんからお聞きしたお勧めの場所を参考に、

アサートン高原を目指します。その道中に訪れたい場所はいくつもありましたが、

導かれた場所に自然に車を走らせていきました。40億年前に始まった火山活動の結果

このアサートン高原は肥沃な土地となりました。そして、その太古の歴史とエネルギーを感じられる

パワースポットがいくつもあります。IMG_3658[1]

IMG_3670[1]

 

 

 

 

 

 

 

最初に訪れたのは「カテドラルフィグツリー」という樹齢500年以上と言われ、

なんと高さ48メートルほどもある巨大なイチジクの木です。

こちらよりも、カーテンフィグツリーの方が日本人には知られているようですが、

マリオンさんがあえてこちらをお勧めしてくれたのが分かりました。

場所はちょっと分かりにくく、あまり分かりやすいサインもないので(最初のサインがあってから、

どこまで走るの?とちょっと不安になってきます^^;)誰かに尋ねようとしましたが、

ウシや馬さん達しかおらず・・・。道もあまり舗装されているような感じでなくなってきたので

引き返そうかと思いきや、作業中のおじさん一人と遭遇。尋ねると、「もっと先だよ。

看板があるから、you can’t miss it! (きっと見過ごさないよ)」と教えてくれたので

走り続けると、ありました!

本当に、荘厳で、カテドラルのようでした。導いていただける場所には

必ず道先案内人がひょっこり現れます。それは屋久島でも、夜のニューヨークでも、

さまざまな場所で体験しましたが、

「これは分からない!」と宇宙に尋ねると、本当にひょっこり目の前に現れてくれるんです。

そんな場所なので、訪れていたのは外国人数名で、ひっそりとしていて、

ブレスレットワークにも申し分ない場所でした。

IMG_3677[1]

IMG_3676[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

根っこがどこまでもどこまでも果てしなく続いていて、グラウンディングエネルギーを

たっぷり過ぎるくらい圧倒的に与えてくれる場所。

この根っこにブレスレットを寝かせて

ワークを行いました。

IMG_3685[1]

そしてもちろん、カーテンフィグツリーにも行きました。

IMG_3736[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてレイクバリーンという湖へ。

火山の火口にできた湖で、透明度が高いことでも有名。熱帯雨林に囲まれて

静かで長閑な場所です。ここで時が止まったような時間を過ごしながら

遠隔エネルギーも送らせていただきました。色々な聖地を旅する

ユニバーサルジャーニーブレスレットは、実にこうして様々な場所からの

遠隔ワークをその都度お届けしていきます。

IMG_3700[1]

 

 

 

 

 

 

 

その次に訪れたのはアサートン高原のMalanda Fallsという滝。

太古の火山の噴火から流れ出た溶岩の上に流れるパワフルな滝です。

IMG_3719[1]IMG_3731[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

このすぐ脇でブレスレットを充電し、太古のパワフルなエネルギーを頂きました。

アサートン高原の広大さをよく知らなかったため、この日、ケアンズの帰途に

ついたのは夜でした。曲がりくねる真っ暗な山道を80キロほどの猛スピードで走る地元の人々の車に

何度も追い越されながら、ケアンズに無事、戻ることができました。

 

そして、まだまだ旅は続きます。次に訪れたのは世界最古の熱帯雨林の中にある、モスマン渓谷。

ケアンズから北上し、ポートダグラスを抜けて、もう少し先に行くとあります。

渓谷の川は泳げるほどに綺麗で、お魚もたくさん!お魚用のパンを持って行き、

息子が餌付けをしたので、私達の周りに魚が一杯^^!

IMG_3751[1]IMG_3765[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

この川辺と、熱帯雨林の素晴らしい苔のカーペットの上でも

ブレスレットは気持ちよく充電されました。この熱帯雨林で途中ブレスレットを

狙う野生の七面鳥に気を付けながら^^;。(赤ちゃんのウェットナップまで

持って行ってしまうところを目撃しました!ママさん、冷静に取り返して

ましたけど・・。)

IMG_3782[1]

IMG_3787[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

モスマン渓谷を後にし、ケアンズへ戻る道中には、スコーンと抜けた場所に

海のエネルギーが心地いいスポットを見つけ、そこで瞑想&エネルギーワーク

をいたしました。(息子も私の真似を^^;)

IMG_3796[1]IMG_3797[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

次の日はグレートバリアリーフの玄関口、グリーン島。

IMG_3841[1]

行きの船がかなり揺れたため、同行した息子はかなりグロッキーなってしまい

ました(´;ω;`)。しかし、穏やかで平和的なエネルギーを感じることができ、

こちらでも、遠隔ワーク、ブレスレット充電ワーク、お一人ずつに

行ないました。

IMG_3823[1]

IMG_3842[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、毎日の夜のワークも順調に、夜空を埋めつくすような満天の星空に

毎日見とれるほどの美しさでした。今回お持ちしたブレスレットには、そんな

星のエネルギーも沢山詰まっています。

続いて、また翌日は、こちらも世界最古の熱帯雨林の中での穏やかな遠隔ワークと

ブレスレット充電です。場所は山をどんどんと登ってキュランダへ。

IMG_3854[1]IMG_3857[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

野生のワニや、鳥たちが見守る中、静かな瞑想に入り、遠隔ヒーリングの

エネルギー、日本まで届けさせていただきました。

さて、続いてその翌日は、朝3時半起きで、早朝から出発する気球へ。

アサートン高原でのバルーンフライトで、日の出の遠隔ヒーリングワークです。

IMG_3865[1]

IMG_3869[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3913[1]IMG_3900[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

これまで、エジプト、北海道で気球に乗りましたが、ロープが気球に繋がっていて、

そんなに遠くには行けないものだったので、飛行したような実感があまりなかったのですが、

オーストラリアのはスケールも気球の大きさも、大きかったです!

本当に風任せで、どこに着陸するか分からないので、

私達を運ぶバスの運転手さんは気球の運転手?さんと

連絡を取り合いながら

(といっても、方向を変えたりすることはできないので、

上昇時と、下降時だけの操縦だけだそう・・)

私達の気球を追いかけてくるのです。

なんと、300か所以上、着陸できる場所の許可を取っているそうです。

乗ったのは牧場で、降りたのは収穫を終えたコーン畑でした。

IMG_3881[1]IMG_3914[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

たぶん40分くらい飛行していたのではないでしょうか?
空から野生のワラビーやカンガルーが跳ねているのも見えました。

可愛かったです。

IMG_3956[1]IMG_3967[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、そして最後はアボリジニの中でもYidinji族に属するGimuy Walurarra族の聖地と

されるクリスタルカスケードでワークを終えました。

実際には滝のすぐ近くまで、岩をよじ登って

水の中に入って行ったのですが、かなり足場が不安定で危なかったので、

カメラは近くまで持って行けませんでしたが、その滝の水しぶきを浴びる場所での

遠隔ワークも行なってまいりました。

この地は火の発祥の地という伝説も残っています。

この場所も非常に穏やかで、深いエネルギーに満ちており、

本当に素晴らしい場所での巡礼となりました。

太古のエネルギーを乗せて、ブレスレットは日本に帰国し、皆様のお手元に

届けさせていただきました。早速ご感想もいただいております。一部、

ご紹介させていただきます。ありがとうございます☆

 

「遠隔ヒーリングとスターピープルブレスレット、メッセージをありがとうございました。

遠隔ヒーリングの期間、何度も「変化、変容」というメッセージが来てました。

宇宙からのメッセージで、ハートに中心的に舵を取らせとなっていましたが、

数ヶ月前から、時々ハートを中心にエネルギーがグルグル動く感じがあって、

その後すぐ咳が出ていました。

一瞬風邪?と思いましたが、風邪のような咳の出方ではないのです。

それに他には全く風邪のような症状はありません。

今でも時々あります。

何だかハートが何かを訴えているようだなと思ってました。

メッセージを読んで、納得しました。

呼吸を大切にすること、ハートに従うことを忘れてました;^_^A

身体が教えてくれてたのかもしれませんね。

メッセージを読んで、インナーチャイルドとの対話や内観をしっかりして、

ハートを中心にし、呼吸を大切にしていこうと思いました。

ブレスレット、とても綺麗ですね

それに付けていると、気持ちがとても安定する感じがします。

大切に使わせていただきますね。」

 

「スターピープルブレスレット 無事届いています。

ありがとうございました^^

とても素敵で、つけてみると自分軸に自然に戻るという感じがして

とっても気に入りました!

本当に10名のうちの1人に入ることができて嬉しく思います^^

大切にします^^

ヒーリングも6日間連続で受けれて とても贅沢な期間でした。

ありがとうございました

とても気持ちよかったです、3日目に15分ほど外で星を見ながら

ヒーリングを受けていた時 わたしも1度だけですが長い流れ星を見ることが出来ました

ヒーリングは身体の奥から(主に胸)何かををごっそり取っている感じがしました。

下半身がビリビリと振動している感じの日もありました。

メッセージもありがとうございました。

前から、大丈夫だと言い聞かせても同じ恐れが何度も出てくるので・・

なるほど、もっと向き合ってみますね。


わたしにも来世があるのですね^^もう地球には生まれる選択をしないのかなぁ?

と生意気にも思っていましたので・・どこかの星かもしれないけれど、次があると思うと

嬉しいですね^^

安心を胸に いきますね^^

素敵な企画をありがとうございました^^」