Books

9784990808136

2007年出版以降、絶版となりましたが、2015年5月22日に、

ともはつよし社さんから限定復刻版として、出版されました。

限定版すので、書店には出回らず

ともはつよし社

アマゾン

ユニバーサルアンフォールディング
ヒーリングルーム(オランダ)でのみ、購入可能です。

初版よりも読みやすくなっている!エネルギーが変わっている!と
すでにご購入の皆様よりコメントをお寄せいただいております。

カバーは以前のものより、厚めでしっかりとしたものになり、
中身の表現なども随所で変えております。

以前お買い求めいただき、ボロボロになってしまった方も
初めての方にも、お求めいただければうれしく思います。

~著者より ブックカバーに込めた意味~

写真は私ディラのお臍です。

宇宙の愛と体に傷をつけるとは矛盾しているんじゃないか?と

思われる方も中にはいらっしゃると思いますが、これには理由があります。

2001年から何度も肉体から魂が分離してしまう出来事が起こりました。

いわゆる度重なる幽体離脱と臨死体験です。

そしてとうとう限界に達したある日、さまざまな宇宙存在達が私の部屋に集まり

私を取り囲んで会議をしているのです。
「ディラが肉体を離れたいと言っているが、どうしようか」と・・。

私は動けない状態で、その内容はうる覚えでしたが、

その後のある日突然「お臍にピアスを開けなさい」とメッセージがやってきました。

私にとって、お臍は実は幼い頃から一番好きな体の一部でした。そこに穴を開ける?
それは、何かとても大切なものを手放すような気持ちになりました。

新しい始まり、切なさ、寂しさ、勇気など・・。色んな想いが巡りました。

メッセージはお臍にピアスを開けることで、私のエネルギーのバランスが取れ、

地球の今にグラウンディングできるというのです。

実際に、その後、確実に「地球に着陸したんだ」という感覚が強くやってきました。
自我の世界、地球をもっと味わい、楽しめるようになったのです。

お臍は宇宙との繋がり、母との繋がり。

エジプトにアレキサンダー大王がご神託を受けたという神殿に

なぜかお臍のレリーフがあり、それは長年、学者達の間でも疑問なのだそうです。

しかし、宇宙と人間との繋がりを考えれば、それはとても自然なメッセージなのだと感じます。

私はこの本のカバー写真を通して、深遠なる宇宙と私達との繋がりを思い出し、

地球に生きること、そして宇宙人として生きること、

全てとして生きることへの喜びと希望の想いを込めました。
そんなことを感じていただけたら幸いです。

 

ご注文はこちらから