News

去年のハロウィーン・ワークショップin 奈良に引き続き 第2弾、夏至エネルギーの中で巡る日本最古の都、奈良リトリートワークショップツアーを開催させていただきました。本当に、今回も感動のリトリートとなり、皆さんと別れがたかったです( ;∀;)。レポートお待たせいたしました。

五感を研ぎ澄ませることで六感(宇宙)に繋がり、古都奈良に宿る宇宙人の意識や記憶と繋がることが今回のリトリートワークショップの根幹でした。

1日目は日本の古都、奈良に今も残されている宇宙エネルギー、そして宇宙人(プレアデス人)の儀式を残したものとされる茶道に欠かせない茶筅を室町時代から500年も代々作り続けていらっしゃり、徳川将軍家御用達茶筅師として「丹後」の名を受けられ、現在20代目にあたる谷村丹後氏の工房和北堂にて、茶筅作りの見学、お点前体験をさせて頂くために、生駒に向かいました。その前には竹林園という茶筅の里を訪れ、竹林に囲まれた中庭に集い、チャネリング誘導ワークで宇宙と大地、いにしえのエネルギーと繋がり、丹後先生のもとを訪れさせていただきました。

とても素敵な奥様が生駒の美味しいオカキやラムネをウェルカムティーと一緒にご用意してお迎えしてくださり、茶筅作りの見学へ。日本が誇る匠の丹後先生ですから、どんな方だろうと緊張しがちですが、とても気さくで和やかな雰囲気で茶筅作りの説明と実演をしてくださりながら、参加者の皆さんの様々なご質問にも快くお応えしてくださいました。お話の中で印象的だったのは、茶道とは本来もっと日常的に、身近であるということ。堅苦しくて・・と嫌煙される方も一般的に多くいますが、千利休は立てひざで点てていたというような逸話もあるそうで、もっと気軽に、形式に囚われず楽しんでいただきたいという丹後先生の想いでした。丹後先生も、奥様も、日常的にお抹茶を頂いているとのこと。私達からすれば先生なのですが、丹後先生はとても腰の低い方で、自分はたんに職人なので、勘違いしないようにしていますとおっしゃられたのも印象的でした。和北堂は日本家屋の立派なお屋敷で、緑に囲まれ、忙しい日常を忘れさせてくれる場所です。マイ茶筅も制作することができますので、是非、一度訪れてみてください。見学の後には丹後先生と奥様がお点前体験をご用意してくださり、素敵でゆるやかな呼吸の時間が流れていきました。

その後、竹林に囲まれた風情ある「高山竹林園」の和室にて、グループワークを行いました。Dila著「魂の深奥デトックス・完全に癒された宇宙次元の自分にワープする瞑想法」に基づいて、インナーチャイルドの癒し、インナーアダルトとの関係性、真我の中の自我をあらゆる角度からヒーリングしていきました。オーラやエネルギーを感じる体験、お一人ずつへのハンズオンヒーリングなど・・・。私はいつものように、誘導中は夢の中を浮遊している状態になるのですが、皆様との宇宙の時間をじっくりと楽しませて頂きました。その後、夕陽を見に、2月堂へ。

このワークショップはお一人の時間とグループでの時間を大切に進めていきたかったので、宿泊先はあえて皆様お一人部屋で過ごしていただきました。

2日目は宇宙からのお導きに従い奈良各地のパワースポットへと。春日大社からスタートし、キトラ古墳、石舞台古墳、崇神天皇陵、石上神宮、そして平城京跡と各地でヒーリングワークを行いながら、その土地に繋がり、光の柱に繋がり、いにしえのご自身の魂と繋がり、統合していきました。  前回の奈良ワークショップ同様に、お別れの平城京跡でのワーク後には虹が空を飾り、参加者の皆様のお一人お一人に光を注いでくれました。奈良は奥深く、行くたびに圧倒されます。またお導きがあれば、是非またワークをさせて頂きたいと思います。
        
 今回、ご参加いただいた素敵な宇宙人のご参加者様、素晴らしいご縁を頂きました和北堂の谷村丹後先生と奥様、そしてそのご縁を紡いでくださったパワーストーン&パールアクセサリーショップ大阪CRETEの真理子様、オーガナイザーとしてお手伝いしていただいたなおみさん、皆様ありがとうございました。   Dila☆彡

谷村丹後氏 動画より)