Channeling message

2005年を迎え、これから多くの人々は、外宇宙と内宇宙との

一体感を強めていくことでしょう。

一人一人が、私達のメッセージを聞ける様になっていきます。

その目覚めが強く始まっている人間達が増えているのは、

大変喜ばしいことです。

これからは、全ての人間が、無力な存在ではなかったことに

気づくでしょう。

誰が、魂から行動し、語っているのかも、分かるように

なってくるでしょう。

私達のメッセージや、エネルギーとの繋がりを大勢が

強く感じ始めます。
これから、多くの人間が陥り易いのは、

自分が「特別な存在であった!」と感じるあまり

「自分には他人とは違う、特別な偉大な存在がついている、

降りてきている」

と言い始めることです。

「君とは違う存在が、自分には、共にいるのだ!

自分は特別な選ばれし者だ!」と。

これは人間の「自己顕示欲」に起因するものです。
私達は、一体何者なのか、名乗ろうという人間的な

「自己顕示欲」はないのです。

それは、とても人間的な感情です。
確証が欲しいあなた達から、求められれば、姿やエネルギー、

現象によって、あなた達を納得させることは出来ます。

あなたが、感じ受け取ればいいことです。

そして、自然に周りは感じることが出来ます。

どう感じるかは、それぞれの自由なのです。
感じたあなたが、私達の存在を、特定の神や、仏、

偉大な過去の人物などとして認識したならば、

私達はあなただけでなく、

他の誰とでも一緒に存在しているのだ

ということを忘れないで下さい。
あなたは、過去世や、現世においての人生での学びや

環境に応じて、ご自分に縁の深い存在達のメッセージを

より身近に、受信しているということなのです。

あなたは、私達と「同じ」だということと同時に、

「一部」だということを

覚えておいて下さい。

時に、あなた方がさまざまなシーンで、

多くの仲間達のリーダー的な役割を

務めることもあるでしょう。

しかし、リーダーはボスではありません。

また、仲間がいなければ、リーダーになることも

できません。

リーダーは仲間より多くを試行錯誤し、道を開き、学び、

伝えるからこそリーダーなのです。
そして、その学びを与えてくれる尊い仲間達の、

ほんの一部なのです。

覚醒にしたがい、私達のメッセージやエネルギーを

いち早く強く感じ始めた一部の人間達は、この点を誤り、

使いこなせるようになったエネルギーで自己顕示し、

人々を救い、本来の魂の力に気づかせるのではなく、

無力にし、支配体制、崇拝体制を作り、

多くの人間の目醒めを拒んできた事実があります。

それは、恐怖、嫉妬に根付いた、感情でした。
私達のエネルギーは、一人の人間や、限られた、

選ばれた数人にしか届かないような、

そんな小さなものではありません。

全世界の全ての人間、命ある全てに注がれています。
目醒め始めれば、誰でも私達のエネルギーやメッセージを

感じられるのです。

キリスト、ブッダ、マリア、とあなた達が私達を

そう呼ぶのなら、そのような姿、形、エネルギーを

受信するでしょう。

また、あらゆる神々との交信を誰もが出来るのです。

いつも繋がっているのです。

それは、あなた自身の内にあるからです。
あなたがいち早く、私達との交信が始まったと

お感じになるならば、

大切な仲間達も、どうやって、感じることができるのか、

さまざまな方法で、教え、伝えていくことです。

あなたはもちろん特別です。

そして周りも皆、もちろん特別なのです。

そこに差などありません。
あなた達の魂にランクなどないように、見守り、

包む存在達にもランクなどありません。
それは、自我が支配する、3次元的世の中の人間達が

付けたものです。
あなたが、どのように私達を感じられるようになったか、

聞けるようになったか、求めている仲間達に、

あなたのプロセスを、生き方を、感じ方を、

心を開き、周りにシェアしていくことが、

あなた達のゲームです。