Q&A

 

色々なセッションがあるようなのですが、自分にはどのセッションがいいのか分かりません。
最適な流れは何がお勧めですか?また、どれくらいの間隔を空けて受けたらいいですか?
最適な流れは、皆さん違いますが、今までの結果としては「宇宙との対話」→「シンクロニシティーライフガイディング」→「悟り」→「統合」と受けられるのが、一番ゆるぎない宇宙意識を確立していただけるのを実感しています。
その後は必要に応じて、フォローセッション、スペーストラベルトランスセッション、クリスタルヒーリングや電話・スカイプセッション、メールセッションなど、適した方法で軌道修正のお手伝いを致しております。
受けられる間隔は、宇宙との対話~シンクロニシティーは2~3週間ほどがベストです。
シンクロニシティーライフガイディングも4回終了までは同じ間隔です。
特にシンクロニシティーは3回目が山場で、やはり4回までしっかり終えられると確実に現実が変わっていますし、意識のブレをご自分で修正できる力が身についてきます。「悟り」のセッションは、シンクロニシティー4回目から最短で3ヶ月、ベストは半年をお勧めします。これは、シンクロニシティーで4次元、多次元へ意識が移り始め、それに伴い現実が落ち着くのが半年くらいが平均だからです。(ただ、これも個人差はあります)「統合」へは、さらに3ヶ月、もしくは半年をお勧めします。1年ほどしてから受けられる方もいらっしゃいます。この頃になると、ご自身でその時期が分かる感覚が研ぎ澄まされているはずですので、そのインスピレーションに従ってください。
悟り、統合セッション1回のみ受けていただけるセッションとなっていますので、その分、タイミングが大切ですが、これはご相談ください。コズミックスクールは、実際に、コズミックナビゲーターへの道となります。
悪夢を見ました。最近、日本が破綻した場合のことを考えています。それが原因か分かりませんが、恐ろしい夢を見ました。それは、薄暗い砂地の道を歩いていくと、ボロボロの服を着た老若男女が力無く歩いているのです。さらに歩いていくと、10歳にも満たない子ども達が何人も餓死していました。どこか外国だったかもしれませんが、とうとう日本もこんなになってしまったかと思いながら、さらに行くとたくさんの人が集まっている所に行き着きました。そしたら、ある中年の男性が私に”食べ物が有るなら出せ”と言ってきたのです。僕は頭にきて”有るわけないだろっ”と怒鳴ってしまいました。そこで夢から目覚めました。変な話をしてすいません。これは何かのサインなのでしょうか?
実際には、地獄のリアリティー(現実)の一つを垣間見られたのです。私達が起きている現実も、現実です。そして、同時に、私達の魂は無数の現実を全て体験しています。天国も、地獄の現実もです。天国とは、ご自身が幸せに包まれているときはすでに、天国に生きています。もう、何にもいらない・・という最高に幸せな気持ちが心にやってくるときです。逆に、何かが足りないとばかり思っていると、地獄の現実を体験します。夢では、「この現実を体験したくなかったら、ご自身の心を見つめなさい」というメッセージです。特に、ご自身が、「日本が破綻したら・・・」ということをよく考えておられたので、破綻した現実を夢で体験したのは、無関係ではありません。その現実にリンクしやすい状態になっていたのですね。逆に、ご自身が「真の幸せと平和は、心の平和から始まる」という宇宙意識に目覚め始められたからでもあり、より大きく、愛の意識が高まっている証拠でもあります。そして、それが本当に現実になってしまうときは、「すでに在るもの」に感謝することを忘れ「ないもの、足らないもの」に対しての不満ばかりを募らせるときでしょう。ですから、ご自身の中に、今も、今までもいつも、餓死することがないように守られ続けてきたことへの感謝を感じてください という宇宙からのメッセージです。
旅行から帰ってきて何かとばたばたしてメールしようかなと思いつつ今日になってしまいました。ディラさんのところへ行ったときに、自我との約束で山をみるというのが中旬ぐらいと決めていたので、なんとなく15日という日が決まりました。(途中割愛)今回の旅行でホテルを選ぶのにちょっと考えすぎてしまったかなというかんじです。あといつもそうなんですけど、あれもこれもと荷物が増えてしまいます(;^_^Aディラさんは必要最小限のものでコンパクトになっているというイメージがありますが、どんなかんじなんですか?今までは旅行にいくんだから、あそこもここもとかおいしいお店とか探してしまうんですけど(帰ってから後悔しそうで)そうゆうのは必要ないんでしょうか?
選ぶのに時間がかかっても、決めたことはやはり最終的にすべて完璧なのです。考えすぎたときは、どんな自我と葛藤して考えすぎているのかを見つめられるといいですね。そして、もちろん予算やアクセスなどは大切かと思いますが、特に、「ご自分の呼吸が楽な場所」を選択するのがいいでしょう。荷物ですが、以前ツアコンだったときなどの経験もあり、もともと、とてもコンパクト派でした。必要になったら現地で調達か、誰かに借りる・・そして「どうにでもなることを楽しむゲーム」がずいぶんと長い間、私は好きでしたが、どうやら自我が飽きたようです(笑)。そのころは、「あなたは何にも持ってこなくて、男みたいね」といわれたりしていましたが(笑)・・。ここ数年は、自分の心地いいものを旅先などに持っていく、そして「どこでも自宅のような心地よさを作ることができるゲーム」にはまっています。というわけで、自分の一番心地いいグッズなどを、色々と持っていくようになりました。すると、こんなに楽しいものだったのか・・と新鮮な驚きがあります。ようは、今までの自分のやり方に飽きたら、違うやり方をやってみればいいだけの話ですね。私は、その場の衝動で、有り合わせで楽しむということが、昔から得意だったのですが、最近はそれに飽きたので、色々と使い心地のいいものを持っていくことがどうしてそんなに楽しいのかを、体験してみています。そして、そんな人の気持ちがよく分かるようになりました。
宇宙意識が開いてくると、心地よさに繊細になってきます。ご自身が「少ない荷物にしてみたい」「持っていかなくてもどうにかなる」そんなゲームをしたいなら、そうすればいいですし、どこにいてもご自宅の空間のようにくつろげるのが大切なら、色々持っていってもいいんじゃないでしょうか?お店のことですが、これも、後悔したくないから事前にチェックしたいというのも分かります。
ただ、これは、宇宙意識とのとてもいいワークになるので、だいたい食べたいものやお店を事前にチェックしておいても、すぐにたどり着かない場合は、あっさり切り替えて、宇宙に「どんなものが食べたいか、予算」などを明確にして委ねてみてください。このとき、あれこれ考えず、行きたい方向へ進んだり、急に誰かに電話をして尋ねたくなったら、そうしてもいいでしょう。そのときの「衝動」を大切にするとき、おのずと導きはやってきます。事前にしっかりチェックして出向いたお店は、意外に、印象に残らないもの。ふらりと衝動に任せていったところは、ずっと覚えているものです。では、参考になさってくださいね。
今、本当にみんながみんな、一番の修行の場である家庭での問題で、悩んでいると思います。そのなれの果てが、親が子を子どもが親を殺害するという事件が起きていると思っていますがどうでしょうか。家族の調和がとれなくて、人との調和がとれるのか。人の幸せが願えるのか地球のために、行動を起こせるのか。心の豊かさは手にはいるのかそんな声が聴こえます。家族の調和をとろうとしている人は、精神世界を知っている人で精神世界を知らないし、知ろうとしない人が、怒りや妬みや嫉妬という感情をだしまくっているような気がします。だって、私たちは幸せになるために、人の幸せを願える人であるために精一杯生きているのだと思うのです。そのためにはどうしたらいいのかって思っているのです。地に足をつけようと行動したり、模索している人達の足をひっぱる人の多くは精神世界をまったく理解出来ない人達たちのような気がします。それが夫婦である場合が多いです。
なぜなんでしょうね。心を磨こうと思うと、収入より支出が多くなります。それが、現実主義の人達には、理解出来ないのです。人を変えることはできない自分が変わらなくては、と。でも、どんどんと向上していくと、配偶者がとてもちっちゃく見えます。話がかみ合わなくなるから。「何かを手に入れると、何かを捨てなくてはいけない」そんな矛盾に意味があるんでしょうか。
まず、世の中で起きること、目の前に起こることを客観的に捉えることです。なぜなら、皆、「すでに悟っている演じる仏」だからです。この視点を、私は完全に開いていただくことを軸にセッションを行ったり、メッセージを発信して参りました。この視点を、周りの人々とシェアさせていただきながら、私は「愛の表現をさせてくれた、頑固に記憶喪失で居続ける周りの仏の皆様」に感謝を感じずにはいられないのです。「その現象は、自分に何を見せてくれているだろう?」まず、そのように、捉えるのです。例えば、ニュースで殺人事件を目にしたとしましょう。その時、あなたの中のどんな自我の「修行」のチャンスだと思いますか?「ああ、残されたご家族はどんなにか心を痛めているだろう」
「罪を犯したものは、なぜ、そんなことをしたのだろう・・」そんな想いをめぐらしているとき、あなたが心に「愛」を感じている瞬間です。人は、自分自身が愛であるということを忘れて生まれてきました。自分は愛である、神である、宇宙であるという確信を得るために、その表現の場を与えられているのがこの3次元です。宇宙にはたくさんの目(視点)があります。殺人を犯したもの、殺された人、そこには、お互いの自我の葛藤、諦め、恐れ、沢山の要素があります。それをひとつずつ述べると、一冊の本になってしまいますから(笑)このメルマガで「言葉だけ」でお伝えするには限界がありますが、世の中で起こること、自分が目にするすべては愛の表現の場だと思ってください。
相手が「わからずやで頑固であればあるほど」「わかって欲しい」という自分のエゴがあることに気づきます。なぜ、わかって欲しいのか、それを突き詰めると「まだ相手を諦めていない強い愛が自分にはある」ことが分かったり、
もしくは、「依存」を自分の中に発見するかも知れません。外に起こる現象を、すべて周りに対して「どうして!なぜ!」といい続けていれば、何も変わりません。ご自身の中の、どの部分を見せられているのだろう、どんな自分を発見するだろう。その連続が、日々の出来事にあります。例えば、救急車が通ると、「穏やかな現実に彼らが入っていけるように」さっと光のエネルギーを送るのがまだ習慣でなければ、始めてみられるといかがでしょう?みな、溢れる光の存在なのです。その光=愛を表現させてもらえる場が家族です。特に、関係が近いほど、本質が見えにくいので、伝わりにくいことは多いでしょう。例えば今、目の前にあるコップを目の前ギリギリまでもってきたら、何がなにやら分からないでしょう。少し離れてみると、やっとそれがコップだとわかり、もう少し離れると、そこに水が入っていることも見えます。コップの模様もよく分かります。しかし、離れすぎると見えませんね。家族間にこそ、実はときに、程よい距離が必要なのです。精神世界の情報は沢山出回りすぎています。こうすべき、ああすべき・・・というノウハウも。ではなくて、もっシンプルに、日々、あなたのどんな愛が表現できるだろう、そして、どんな執着や恐れを手放せるだろうということから目を向けていくとき、周りの現象の捉え方が、変わりますよ。きっと多くの方が疑問に思われていた質問だと思います。ありがとうございます。
セッション、どうも有り難うございました。あれからなのですが、仕事中にチャネリングするようになりました。これは良い事なのでしょうか?「~しなさい」とか言ってくるのは低次元の存在だそうですが、私にはそう思えてこないのが実情です。よく分かりません。そうなのでしょうか?まず、私は仕事が苦手なのでいつもストレスが溜まります。仕事に取り掛かって、まだストレスが溜まってくる前の段階の時、( 午前中などに )自分の中で自分とは違う意見と言うか、思考が入ってきます。それは私の声で聞こえてきます。その内容は「感謝しなさい~」と、「感謝」を強調した内容です。「感謝が無いから、不満が出来る。全てのものに感謝して生きる.....それがあなたの仕事です」「どんなにネガティブな物も、私であり、全てであり、神である。排除してはいけない、狭い心で居てはいけない。全ては愛で出来ている。だから全てのものに感謝しなさい」「感謝することは、見返りを求めず愛を送ること。全てに感謝です」.....などです。悪い感じは全くしないのですが.....
私はこの言葉を聴くと、「感謝」たりてないなぁ~。消してしまいたいほどネガティブな過去にも「感謝」なんだなぁ~.....と、心が広くなったように感じています。もし、エゴ等と呼ばれる低次元のエネルギーであったとしても、
それも自分。やっぱり感謝するべきだと思うのですが.....この解釈の仕方はどうなのでしょうか?ディラさんの意見、聞かせてください。
こんにちは。お元気そうで何よりです!低次元の自我などではありませんよ。「~しなさい」というのにも2通りあります。ひとつは何かを決め付けて、あなたから選択を奪うような命令的な「~しなさい」。「AをやめてBにしなさい」とか、決め付けてくるものです。もうひとつはよりベターな自分、愛に溢れた自分になれるように教育して高めてくれる「~しなさい」
Yさんの場合は、後者ですから、低次元の自我ではなく、大いなる神であり、また宇宙意識からの声です。例えば、私の著書にも体験談がいくつか掲載されていますが、私が最初にチャネリングが始まったとき、宇宙からの声は本当に基本的な事柄からで、例えば、お料理をしているとき、「もっとゆっくり丁寧に、愛をこめて作ってみなさい」とか、部屋の掃除をしていて「もっと、隅々まで綺麗にしなさい」とかいうものでした。こんなシンプルな声にしたがって、よりベターに出来るように心がけるだけで、波動がどんどん上がっていくのを体験したのです。Yさんは、とても素晴らしいメッセージを、宇宙であり、神であるご自身から受け取っておられて、私もとてもうれしく思います。素直だからこそ、源との一体感で生き始めるのも早いのですね。応援しています。